■FC2カウンター

■参加ランキング

猫の話題だけではありませんが、よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■プロフィール

ひでのひめ

Author:ひでのひめ
★HNの由来・・・ヒデのヒメ(オットの名の一部+ヒメ)
誤解を招くことも多々ありますが、元ヤンキーではありません(笑)
★超(笑)不定期更新です。
★皆様のコメントは楽しく拝見させていただいていますが、当分は一括にてのコメントの返信とさせていただきます。
★当ブログの著作権は放棄しておりません。許可なく使用することを禁止します。

■Cattery FIRST-MYU

動物取扱業、CFAキャッテリー登録済み

初心を忘れないために我が家の猫飼いの歴史の最初の子であるミュウの名前をキャテリーネームにしました。 DSC_2822.jpg

ノースランドキャットファンシアー所属

■ミュウ

MIX ♀ ブラック&ホワイト


*script by KT*

2003.07.15生(推定)2003年09.15お迎え。2003.12.24避妊手術。 2005.10.05急性腎不全。2006.02.26椎間板ヘルニア。2008.07.12歯石除去手術。

■ヒメ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2005.08.01生。2005.10.16お迎え。2005.12.16避妊手術。

■ガッシュベル

ノルウェージャンFC ♂ ブルー・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15去勢手術。

■マーシャ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15避妊手術。

■カムイ

ノルウェージャンFC ♂ レッド・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2007.04.18生。2007.07.02お迎え。2007.09.07去勢手術。 2008.07.12歯石除去手術。

■ビョルナ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト

ビョルナ・プラグイン

2001.06.02生。2008.11.03お迎え。2008年避妊手術。 2008.12~腎臓用処方食。2013.01.07旅立ち。

■ギントキ

ノルウェージャンFC ♂ ブルー&ホワイト

2010.2.12 gintoki

2009.2.11 生。2009.6.10お迎え。2009.07.02去勢手術。

■リンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■メールはこちらから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いただきました♪
さっちの風のさっちさんが贈ってくださいました。

ロイヤルカナンの犬、猫用 高栄養パウダーです。

この製品は、知らなかったのでとても嬉しくありがたい気持ちでいっぱいです。
また、ミュウが食欲不振になったときに、ぬるま湯で溶かしてシリンジで給仕できるので選択肢が広がりました。

さっちさんは、腎不全の猫ちゃんの介護の先輩で、ビョルナのときにも大変お世話になりました。

さっちさん、いつもありがとうございます。



ミュウは、1日おきに180㏄の輸液とキドニーケアーという腎不全用のフードを食べて元気に過ごせています。
大嫌いだった他の猫達とも一緒に過ごせています。
毎晩、横になった私の脇腹の上で寝ています。
もうダメかもしれないと覚悟した8月中旬、その後も歯髄炎による食欲不振などありましたが、最近は穏やかな日々が続いています。


スポンサーサイト
病気 | 20:52:00 | Comments(1)
続くときは続くよ・・・トホホ。
CIMG1725.jpg
実はビョルだけではなくいつも元気いっぱいのこのお方も体調を崩していました。

4月末位から体重が少しずつ減少。
風邪のせいだと思っていたのですが、念のため病院で血液検査。
何も悪い数値はでないので、やはり風邪のせいではないかと様子見。
一時は体重が増え始めたので安心したのですが、また減少がはじまりました。
全盛期から比べると1キロ近くです。
ひとまわり小さくなって誰が見てもギンちゃん痩せたねって言われるようになりました。

6月のはじめにはまったく食事を摂らなくなりました。
ギンの身体を触って調べると口元を触ったときに温厚なギンが激怒。
暴れるので座布団カバーに入れて口の中を見ると真っ赤になっていました。

病院に行って口の中を見ると歯茎だけではなく、扁桃腺のところまで真っ赤。
最初はカリシウイルスとも思ったのですがちょっと違うようです。
今回は即効性のあるステロイドの注射をしてもらいました。
次の日からすぐに食欲回復。
今は減った体重を取り戻すためにすごく食べています。

おそらくはカムイと同じ自己免疫性疾患。
自分の免疫が自分の細胞を攻撃するタイプだと思われます。
ステロイドがきれる3週間後に繰り返すようなら治療の検討をします。

猫は不思議ちゃん。
わからないことがたくさんあるんだそうです。
実際、カムとギンは血統的にも違います。

もっと早く気づいてあげられればと後悔です。
お口の中は大事です。
口内炎、歯周病から腎臓が悪くなることもあるんだそうです。
たまにはお口の中もみてあげましょうね。(私が1番気をつけれですね)

CIMG1874.jpg


あんまり猫の調子の悪いのが続いたので北海道神宮に参拝してお守りをもらってきました。
絵馬まで奉納して・・・。
困ったときだけの神頼みはやっぱりダメでしょうかね。
それとも息子が数え年24歳の前厄だからなんでしょうかね。
だとしたらあと3年、我が家は・・・。
考えるのはやめておきますわ。






テーマ:ノルウェージャンフォレストキャット - ジャンル:ペット

病気 | 17:57:37 | Trackback(0) | Comments(6)
クッシュ~ン(*ノε`*)アチャー
いつも元気な...元気だけが取り柄?の我が家の猫らー。

2010.2.19 No.1
月曜日の夜にクシャミ連発。

あいにく病院は火曜日は休み・・・。
2010.2.19 No.2
様子を見ていると火曜日の午後から食欲減退。
鼻ちょうちんプワ~ッ。

2010.2.19 No.3
ストーブの前でじっとしているか、キャットタワーのBOXに入ってる。
大好きなお父ちゃんが帰ってきてもお出迎えなし。

水曜日の朝一番で病院へ行きました。
クシャミ、鼻水、口の中が少し荒れているという症状から、やはり風邪ということでビブラマイシンという抗生物質の錠剤を1日1回の8日分処方されました。
薬を飲むと夕方から食欲が出始め、お水も飲んでトイレも済ませ、また寝るの繰り返し。

2010.2.19 No.4
まだ、いつものガッシュではないけれど、クシャミの回数も激減。
ヒメに甘えて寝てるぅ~。
次はヒメかぁ~?

実は、ガッシュを病院へ連れて行った日の夕方からヒメもクシャミ連発。
焦ってまたまた病院へ連れて行ったのですが、食欲もあるということで様子見になったのですが、次の日にはクシャミがおさまったのでホッとしたところ・・・。

6年半の猫飼育歴で初めての猫風邪。
火曜日の夜はガッチュが心配で眠れなかったのでした。

多頭飼育は連鎖がこわい・・・。

治療費

続きを読む >>

テーマ:ノルウェージャンフォレストキャット - ジャンル:ペット

病気 | 23:41:56 | Trackback(0) | Comments(7)
あれこれ雑記
急に暑い日が続くようになった札幌。
人も猫もバテバテです。

いつも訪問、コメントありがとうございます。
前回記事のコメントの返信はお休みさせていただきます。

★我が家に来てからの健康診断で心雑音と腎臓の数値が高いことがわかったビョルナ。
定期的に血液検査を受けています。

血液検査の結果
病院の基準範囲 BUN 12~41  CRE 0.7~2.5 スポットケム
文献値       BUN 20~30  CRE 0.8~1.8

ビョルの数値の推移
1回目の検査 BUN 45  CRE 2.9  体重 3.2kg.
2回目の検査 BUN 43  CRE 2.6  体重 3.45kg.
3回目の検査 BUN 34  CRE 2.5  体重 3.05kg.

この間はヒルズのk/dオンリーでした。
数値が下がってきたのは喜ばしいのですが、体重が減少気味。
これから暑くなるともっと食欲が落ちると思うので心配でしたが、獣医さんの許可も得て、先日のさっち同居人さんからいただいた処方食をいろいろと食べさせて体重の維持をすることになりました。
今は処方食のみで投薬も輸液もしていません。
幸いなことに缶詰もカリカリもOKなので夜に缶詰をプラスしています。
このまま元気に夏を乗り切って欲しいものです。

★カムイは相変わらず毎月口腔内の定期健診をしながらステロイドの量を調節中。
3日に1回の投薬が続いていますが、落ち着いてきたので4日に1回に薬を減らせるかもしれないです。
微量の投薬なので血液検査は多飲の症状が無い限り1年に1回程度でOK。

★久々の猫の体重測定
ミュウ  4.0キロ
ヒメ    4.9キロ
マーシャ 3.9キロ
ガッシュ 5.9キロ
カムイ  5.8キロ
ビョル  3.1キロ
ギン   2.6キロ

ギンが来てからギンと遊んで走り回ることが増えたせいか皆減ってます。

★ニュース
先日、モラタメのライオンのペットモニターに参加させていただきました。
そのあとに商品おすすめ企画なるものがありまして応募というかコメントを入れました。
※「商品おすすめ企画」とは。。。
 ライオンのペット商品を実際に使われた方から、
 その商品をおすすめする理由をコメントでいただき、優秀者に選考された
 商品おすすめコメントを実際の店舗で紹介させていただく企画です。
実はコメントを入れたこともその内容も忘れているという無責任状態なのですが・・・なぜか優秀賞に選ばれたというメールがありまして・・・写真を送りました。
CIMG4387.jpg
この写真を送りました
もともとペットモニターはガッシュベルを代表猫として選んでいました。

いつから店頭で紹介されるのかわかりませんが、コメント、ハンドルネーム(恥ずかしい)、ブログURL、写真が載るようです。
だいぶ先の話だと思いますが、見かけたら見たよ~と言っていただけるとうれしいです。

今日は文章の多い長い記事にお付き合いくださりありがとうございました。


お詫び

続きを読む >>

テーマ:ノルウェージャン・フォレスト・キャット - ジャンル:ペット

病気 | 14:39:14 | Trackback(0) | Comments(6)
元旦から病院へGO!
だんなと息子が今日から仕事が始まり、やっと普段の生活が戻りました。
皆様はどんなお正月を過ごされましたか?

31日の朝からマーシャの嘔吐が始まりました。
動いていたので様子を見ていたのですが、夜から水を飲んでも大量に嘔吐。
食欲もなし。
1日の明け方からぐったりしはじめたので、ネットで年中無休の病院が午前中だけ開いているのを見つけて高速道路を飛ばして行ってきました。

マーシャ2
チョロチョロ動いてばかりが、ぐったり・・・。

血液検査の結果は、肝臓の数値が若干高めなのと血糖値が高い。
熱も40度ちょっとある。
体重も500グラムくらい減っていました。
脱水状態だったようです。
皮下輸液に抗生物質などを混ぜてもらい様子をみることになりました。

マーシャ1
薬が効いてきて夜にはシャキ~ン。

次の日、薬のせいか大量の下痢ピ~。
お尻にウンPをつけたまま走りまわり、絨毯がウンPだらけに・・・。
お尻を洗うハメになりました。

4日にかかりつけの病院に検査の結果と使った薬の控えをもって行きました。
この元気さなら大丈夫とのことで、原因はわからずじまい。
たぶん、数値が高かったのは脱水が疑われるとのこと。
また食欲がなくなったりしたら検査ということになりました。

マーシャ3
すっかり元気になっていつものマーシャ。

おかげでマーシャを留守番させるわけにはいかず、息子や娘が家にいるのを見計らって外出。
実家にも帰れず家でダラリ~ンとすごしておりました。

実はマーシャが嘔吐して病院に行った日は、だんなも朝から吐き気と頭痛。
ビニール袋を持っての運転で病院に行ったのですが、帰りは途中でダウン。
運転を交代して帰ってきました。
そういえば去年のミュウとカムイの歯石騒動のときにもだんなは歯から熱出して仕事を休んだっけ・・・。
なにやら不思議を感じます。

ダラ~ンと過ごしていたので、だんながすのこを使ってキャットウォークもどきをつけてくれました。
これで、少しは運動してくれたらいいんだけどなぁ~。


続きを読む >>
病気 | 15:26:57 | Trackback(0) | Comments(11)
猫の口腔疾患 Part2
寒くなりました。
おととい、昨日と暖房が恋しくて・・・。

CIMG4331.jpg
ミュウが私の足元にくっついて来ました。寒くなった証拠です。


さて、前回に話したカムイの歯茎のお話です。

7月12日に歯石除去&レーザー蒸散の施術を受けたカムイですが、歯茎の赤みが取れませんでした。
9月12日に伸ばしていた3種のワクチン接種時に口腔内も診てもらいました。
やはり、歯石によるものではないことが確定的になりました。
ステロイド治療が有効と聞いて1週間後から治療開始になりました。
しかし、家に帰ってからステロイドについて調べれば調べるほど、副作用が怖くなりました。
糖尿病、胃潰瘍・・・。
9月14日にだんなと共に、もう1度獣医さんに相談に行きました。
副作用の頻度等疑問に思うことを箇条書きにして質問しました。
獣医さんは1つ1つ丁寧に説明してくださり、カムイの状態についてもきちんと医学書をもとに説明してくださりました。

CIMG4261.jpg
カムイのステロイド投与前の歯茎の状態。

今の状態を少しでも維持して、歯を残していこう。
食欲がなくなってからでは、体力的にも治療がキツくなることを総合的に考えて、治療をすることにしました。

9月20日、全身状態を見るために血液検査をしました。
腎臓、肝臓共に問題なし。
ステロイドのなかでも比較的副作用が少ないといわれるプレドニゾロン5mg.を1日1錠8回連続投与。
夜の方がいいということで、毎夜10時に投与。
2~3日は効果が感じられなかったのですが、その後、食事時に頭を振ることがなくなってきました。
食事時に頭を振るのは、口腔内に違和感や痛みがあるからだそうです。
9月25日、経過診察。
若干の改善が見られるため、1日おきの8回投与後にまた経過観察予定。

こうやって、薬の減量をしながらカムイにあった投薬量と投薬期間を決めていきます。
そして、口腔内の状態を観察していきます。
もちろん、1ヶ月後に再血液検査。
その後は、投薬量などに応じて2~3ヶ月に1度程度の血液検査も欠かせなくなります。
「この治療は一生続きます。一緒に頑張ってカムイちゃんの生活の質を落とさないようにしていきましょう」
この獣医さんの言葉に、長くなるであろう治療の大変さを思い、涙が・・・。
いや、私が泣いてどうする、辛いのはカムイ自身。
私には、迷ったり辛いときには支えてくれるブログのみなさんもいます。

さっそく、さっちの風のさっち同居人さんが、カムイに送ってくれました。

CIMG4312.jpg
さっちちゃんも口内炎でがんばっています。
それで、さっちちゃんに使っているAP水(中性電解水)&日田天領水です。
AP水は医療現場やレストランなどでも使われていて、殺菌消毒作用のあるお水です。
カムイの歯茎にシューとスプレーしています。
さっちさん、載せるのがおそくなりました。ありがとうございます。
AP水・・・ニキビのひどい息子も顔にスプレーしています。

今回、カムイにかかった費用。
・1回目
   診察代         500
   血液検査代     5,500
   投薬代(8回分)  1,600
   合 計        7,600円
・2回目
   診察代          500
   投薬代        1,600
   合 計        2,100円



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

病気 | 16:47:22 | Trackback(0) | Comments(7)
猫の口腔内疾患
今日は、文章ばかりの記事になりますが、よろしければお付き合いください。

猫の口腔内疾患は主に3種類に分類されます。
歯周病、FORL(破歯性吸収病変)、口内炎です。

★歯周病
歯冠に歯垢が蓄積し歯周ポケットに侵入、細菌が増殖され唾液中のミネラルを蓄積し歯石ができ、炎症を起こし、ポケットの拡大や歯茎の退縮し、歯がぐらつきはじめやがて抜け落ちる。
〔予防法〕
  ・歯磨き
  ・洗口液
  ・獣医口腔衛生協会認可のデンタルケアフードを与える

★FORL・・・破歯性吸収病変(はしせいきゅうしゅうびょうへん)
炎症を誘発する伝達物質により、破歯性細胞が引き寄せられ、猫自身の細胞が歯を溶かす。
人の虫歯同様に激烈な痛みを起こし、噛むことに苦痛を伴うようになる。
猫だけに見られ、年々増加傾向にあるが、原因や予防法は解らないことだらけである。
歯周病同様に、高齢になるほど増加し悪化する。
しかし、歯周病がFORLの原因ではないことが解ってきている。

★口内炎
猫に限っては、口腔内で炎症の起きない場所はない。(ほおの内側、歯茎の後ろ、舌等)
複雑な原因が絡み合ってひとつの臨床的な症候群を形成し、期待した治療効果が上がらないことが多い。
〔口内炎を悪化させる因子〕
  ・歯周病
  ・FORL(破歯性吸収病変)
  ・FeLV(猫白血病ウイルス感染症)
  ・FIV(猫エイズ)
  ・主要臓器の疾患
  ・免疫系の機能障害

《治療法》
・単純な歯周病
  歯肉にのみ炎症があり、炎症が歯垢や歯石の付着状態と応分な場合
   →スケアリング(歯石除去)・・・全身麻酔が必要な場合が多い。
・それ以外
  歯肉以外にも炎症がある場合
   ・FeLV(猫白血病ウイルス感染症)とFIV(猫エイズ)の検査→原因治療
   ・一般的な血液検査→原因治療
   ・検査で問題なし→免疫系機能の問題→検査方法がなく対症的・経験的な治療(謎が多いため)

《対症療法・経験的治療》
・ステロイド剤
  強力な消炎作用・痛みの緩和
  初期には特効的だが、効果は徐々に減弱し、多量の投薬が必要になる
  糖尿病、肝障害等の副作用あり
・NSAIDs=非ステロイド性抗炎症剤
  鎮痛作用、抗炎症作用
  消化管潰瘍等の副作用あり
・ラクトフェリン
  緩やかな消炎作用
  免疫系を調節する作用
・レーザー蒸散
  炎症部位をレーザーで蒸散させ、その後の組織修復による粘膜面の正常化
・抜歯
  全臼歯抜歯、全顎抜歯等
  FORLや重度歯周病の唯一といって良いコントロール方法


猫の口腔内の治療は決定打に欠けます。
単純な歯周病以外は、炎症が広がると治療が大変になります。
軽症のうちに注意を払い悪化を最小限に食い止めなければ、抜歯以外の選択はなくなります。
抜歯は全身麻酔いを伴います。
悪化して食事が取れなくなり、体力がなくなってからでは危険も増します。
日頃から、お口の中を見てあげてください。

なお、この記事は、私がネットや資料を参考に書いたものです。
間違いがあるかもしれませんし、これ以外に治療法などがあるかもしれません。
万が一、治療が必要になった場合は、担当獣医さんとよく話し合い納得した治療を選ぶのは飼い主さんの判断になります。
ただ、歯周病や口内炎はよく聞きますが、FORL(破歯性吸収病変)などは知らなかったために、皆様の参考になればと思い記事にさせていただきました。

7月12日に、ミュウ&カムイが歯石除去・レーザー蒸散治療を受けました。
その後の治療経過により、カムイがFORLと診断されました。
カムイについての詳しい話は、後日ということで・・・。

長い文章にお付き合いくださりありがとうございました。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

病気 | 01:02:12 | Trackback(0) | Comments(7)
緊急事態&無事終了。
ミュウの歯石除去手術が無事に終わりました。
ところが・・・今回はミュウだけではなかったんです。
我が家は、ミュウがよくビニール袋を齧っていました。
獣医さんの話では口内炎で口の中が気持ち悪いと、そういう行動をする子が多いとのこと。
最近、カムイがビニール袋を齧っているので、気になって口の中をのぞいてみました。
ガ~ン。カムイも歯茎が真っ赤!
金曜日の夕方にすぐに病院へ。
幸いミュウ以外に処置の予約が入っていなかったので、急遽、カムイも歯石除去手術を受けることとなりました。
カムイの場合は、歯石はありません。
歯茎に炎症があるだけ。
たぶん、免疫性の歯肉炎ということでした。ミュウも免疫力が弱いのだろうと思います。
最近の猫ちゃんには多いのだそうです。
幸い、ミュウも抜歯することもなく、歯茎をレーザーで焼いただけで済みました。
3日後に口の中を見て赤みが取れてきていればこのまま終了。
1ヶ月くらいで綺麗なピンク色の歯茎に戻るそうです。
でも、もしダメな場合は投薬等の処置が必要になるそうです。
免疫力の弱い子は、季節の変わり目などにこういう症状がでたりするそうです。

CIMG3954.jpg

腹減った~。

CIMG3957.jpg

誰も来なくてさっぱり~。

今回は、絶食のために、ミュウは息子の部屋、カムイは茶の間にケージで隔離。
カムイは最初は、ケージの鍵を開けようとしたり、ケージの枠を齧ったり、鳴いたりとうるさかったのですが、あきらめたら大人しくなりました。
ところが、ミュウが明け方から鳴き続けて、水入れをガチャガチャ・・・。
息子は寝られなかったようです。

術後の麻酔がきれたときが心配で、吐き気止めを処方してもらいました。
2匹とも帰ってから2時間ほどケージで過ごしていたのですが、あまりにも鳴くのでご飯をあげたら元気になりました。
ケージから開放しても吐くこともなく、おもいおもいの場所で寝ていました。
結局、吐き気止めは使いませんでした。

私の方が緊張して、お腹は痛くなるし、頭は痛くなるし・・・。
ちょっと心配しすぎちゃいました。

今回の費用。
歯石除去手術セット  ¥10,000×2匹
吐き気止め       ¥   800(4日分、2匹どちらに使ってもOK)
合計           ¥20,800

ちなみに、抜歯は1本当たり¥1,000程度らしいです。

なんだか、バタバタした昨日・今日でした。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

病気 | 23:09:57 | Comments(12)
歯石除去決定!
昨日のミュウの歯石除去の続きです。
息子が帰ってきて、肝臓の数値の高い話となるべく早くの歯石除去の話をしました。
本当のミュウの飼い主が息子です。
最近は、家に入れているお金の中に、ミュウの養育費も含まれていますが、社会人になるまでは、バイト代の中から、ミュウの餌代&砂代を払っていました。
今回は、歯石除去の代金を支払うので、早くしてあげて欲しいと言われました。
余談ですが、息子はボーナスがでたばかりです。(親には何もくれないがミュウには甘い)

早速、今朝、病院に電話で予約を入れました。
手術のあきのある来週(12日)土曜日に決まりました。
全身麻酔なので、前日の午後9時から絶食。翌朝7時からは飲み水も禁止。
お昼に連れて行って、午後からの施術になります。
ちなみに、歯石除去と歯茎の赤い部分のレーザー処置が基本で、抜歯等がなければ、基本の料金は、¥10,000とのことでした。
やはり、麻酔は心配ですが、体力のある若いうち、体調の良いうちにやってしまおうと思います。
当日まで体調を崩さないで無事に終わるのを、祈ります。

CIMG3857.jpg

歳の順でいくと、次は私かしら~。



今日のおまけ
CIMG3874.jpg

最近、我が家の前に遊びに来る猫。
人にスリスリはしてきませんが、微妙な距離を置きながらも逃げません。
裏の外飼い猫ちゃんだったチビが昨年に死んじゃってからは、猫が遊びに来ることはなかったのですが・・・どこから来たのでしょうか。
飼い猫さんだと思うのですが、事故が心配です。

我が家の掟で、外猫は餌をあげない、構わないことになっています。
万が一、外で猫を触った場合は、手洗い、着替えをするまでは、家の子には触らないようにしています。
猫好きとしては辛いのですが、我が家の子を守るために仕方のないルールです。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

病気 | 00:01:57 | Comments(15)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。