■FC2カウンター

■参加ランキング

猫の話題だけではありませんが、よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■プロフィール

ひでのひめ

Author:ひでのひめ
★HNの由来・・・ヒデのヒメ(オットの名の一部+ヒメ)
誤解を招くことも多々ありますが、元ヤンキーではありません(笑)
★超(笑)不定期更新です。
★皆様のコメントは楽しく拝見させていただいていますが、当分は一括にてのコメントの返信とさせていただきます。
★当ブログの著作権は放棄しておりません。許可なく使用することを禁止します。

■Cattery FIRST-MYU

動物取扱業、CFAキャッテリー登録済み

初心を忘れないために我が家の猫飼いの歴史の最初の子であるミュウの名前をキャテリーネームにしました。 DSC_2822.jpg

ノースランドキャットファンシアー所属

■ミュウ

MIX ♀ ブラック&ホワイト


*script by KT*

2003.07.15生(推定)2003年09.15お迎え。2003.12.24避妊手術。 2005.10.05急性腎不全。2006.02.26椎間板ヘルニア。2008.07.12歯石除去手術。

■ヒメ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2005.08.01生。2005.10.16お迎え。2005.12.16避妊手術。

■ガッシュベル

ノルウェージャンFC ♂ ブルー・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15去勢手術。

■マーシャ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15避妊手術。

■カムイ

ノルウェージャンFC ♂ レッド・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2007.04.18生。2007.07.02お迎え。2007.09.07去勢手術。 2008.07.12歯石除去手術。

■ビョルナ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト

ビョルナ・プラグイン

2001.06.02生。2008.11.03お迎え。2008年避妊手術。 2008.12~腎臓用処方食。2013.01.07旅立ち。

■ギントキ

ノルウェージャンFC ♂ ブルー&ホワイト

2010.2.12 gintoki

2009.2.11 生。2009.6.10お迎え。2009.07.02去勢手術。

■リンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■メールはこちらから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ワイルドだけどカワイイBoy
暑い日が続いていますね。
札幌も今日は32℃の予想。猫らにはつらい時期です。

実は・・・4月16日に新しいお方が仲間入りしておりました。

Brwnie.jpg
(C)DIAMOND DUST CATTERY 4ヶ月頃

DAIAMOND DUST'S BRAWNIE OF FIRST-MYU (ブラウニー)
父猫 ナビ(ヒメの父)
母猫 メイヴ(ギントキの母)
2009年9月10日生まれ
ブラウンマッカレルタビー


CIMG1805.jpg
我が家に来てすぐの頃

我が家で初めての白い部分がないオールタビーの子です。
見かけはとってもワイルドな感じです。
でもね・・・超・超・超ビビリなんです。
いつも腰を低くして歩き、人が近づくと猛スピードで逃げます。

CIMG1842.jpg
だんなに甘えるブラウニー

本当はすごい甘えん坊。
自分からちかづいてくる分にはものすごく甘え上手です。
そのギャップがとてもカワイイんです。
ブラウニーはだんなの夢の実現のために我が家にきました。
それが解っているのか、だんなっ子です。
他の子たちもすぐに受け入れてくれて馴染むのも早かったです。

我が家に来たときにはもうキャッテリーさんのほうで名前がついていました。
トラノスキー(笑)に改名しようかとも思ったのですが、そのままのお名前をいただきました。
ニックネームはブーニャン。
今後ともよろしくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:ノルウェージャンフォレストキャット - ジャンル:ペット

にゃんず | 15:30:46 | Trackback(0) | Comments(6)
続くときは続くよ・・・トホホ。
CIMG1725.jpg
実はビョルだけではなくいつも元気いっぱいのこのお方も体調を崩していました。

4月末位から体重が少しずつ減少。
風邪のせいだと思っていたのですが、念のため病院で血液検査。
何も悪い数値はでないので、やはり風邪のせいではないかと様子見。
一時は体重が増え始めたので安心したのですが、また減少がはじまりました。
全盛期から比べると1キロ近くです。
ひとまわり小さくなって誰が見てもギンちゃん痩せたねって言われるようになりました。

6月のはじめにはまったく食事を摂らなくなりました。
ギンの身体を触って調べると口元を触ったときに温厚なギンが激怒。
暴れるので座布団カバーに入れて口の中を見ると真っ赤になっていました。

病院に行って口の中を見ると歯茎だけではなく、扁桃腺のところまで真っ赤。
最初はカリシウイルスとも思ったのですがちょっと違うようです。
今回は即効性のあるステロイドの注射をしてもらいました。
次の日からすぐに食欲回復。
今は減った体重を取り戻すためにすごく食べています。

おそらくはカムイと同じ自己免疫性疾患。
自分の免疫が自分の細胞を攻撃するタイプだと思われます。
ステロイドがきれる3週間後に繰り返すようなら治療の検討をします。

猫は不思議ちゃん。
わからないことがたくさんあるんだそうです。
実際、カムとギンは血統的にも違います。

もっと早く気づいてあげられればと後悔です。
お口の中は大事です。
口内炎、歯周病から腎臓が悪くなることもあるんだそうです。
たまにはお口の中もみてあげましょうね。(私が1番気をつけれですね)

CIMG1874.jpg


あんまり猫の調子の悪いのが続いたので北海道神宮に参拝してお守りをもらってきました。
絵馬まで奉納して・・・。
困ったときだけの神頼みはやっぱりダメでしょうかね。
それとも息子が数え年24歳の前厄だからなんでしょうかね。
だとしたらあと3年、我が家は・・・。
考えるのはやめておきますわ。






テーマ:ノルウェージャンフォレストキャット - ジャンル:ペット

病気 | 17:57:37 | Trackback(0) | Comments(6)
ビョルナ復活
お久しぶりです。
札幌は初夏のイベント「よさこいソーラン祭」の真っ最中。
大通り公園あたりは相当なにぎわいだと思います。

2月から始まった猫風邪がひと段落してホッとしたのか私が体調を崩してしまいました。

そんな5月23日
夜11時頃、ビョルナが突然に後ろ足に力が入らなくなり立てなくなりました。
一番先に頭をよぎったのが血栓。
すぐに夜間救急病院に連絡し受診しました。
呼吸もあらかったので酸素室に入りながらの血液検査&レントゲン撮影。

結果は腎不全の悪化と結石でした。
すぐに静脈点滴をしてもらい午前5時まで入院。
静脈ラインを確保したまま検査結果をもらい9時になると同時にかかりつけに行きました。

とりあえず状態が落ち着いているのでラインを確保したまま皮下輸液3本。(180ml)
結石はストラバイトではなくシュウ酸カルシウム結石であること。
ゆえに手術ではないと取り除けないこと。
でも、今のビョルには手術は無理であること。とにかく麻酔のリスクが大きすぎるので今後も難しいということを説明されました。

それから1週間は毎日、病院で皮下輸液。
その後、指導を受けて自宅皮下輸液を2日に1回。
今週末からは3日に1回になりました。
1週間に1回くらいまで減らせるようになれば・・・というところです。

2010.4.23 No.5
ボサノバなビョル(以前の使いまわし写真です)

その間の6月2日にビョルは9歳の誕生日を迎えました。
ここのところはいつものビョルに戻って寝て起きて見回りをしてご飯を食べて、天敵のミュウともケンカするくらい(ストレスが大敵なので止めます)で、だんなを寝かしつけにもいきます。
ただただこの日々が続くことが家族全員の願いです。
今後のことを考えてせっかくの長毛が短毛にしなくてはならいようなのでせつないです。

参考数値
2008.11.28
BUN 45
Cre 2.9

2009.1.11
BUN 43
Cre 2.6

2009.6.14
BUN 34
Cre 2.5

2010.5.24
BUN 72.8
Cre 5.3
カリウム 6.3(3.4-4.6が正常値)この数値が高いと死にいたるリスクが大きくなると言われました。
つまり電解質のバランスが悪くなっているということです。

最後にビョルのことを心配してくださりアドバイスをいただき、処方食まで送ってくださったさっちの風のさっち同居人様はじめ、ご心配くださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

また少しづつですが更新していこうと思います。
これからもよろしくお願い致します。

※自宅輸液について
自宅輸液は病院によっては許可されない場合があります。
許可してくださる病院も獣医師の指導を受け約束事をきっちりと守ったうえで行います。








続きを読む >>

テーマ:ノルウェージャンフォレストキャット - ジャンル:ペット

にゃんず | 09:05:14 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。