■FC2カウンター

■参加ランキング

猫の話題だけではありませんが、よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■プロフィール

Author:ひでのひめ
★HNの由来・・・ヒデのヒメ(オットの名の一部+ヒメ)
誤解を招くことも多々ありますが、元ヤンキーではありません(笑)
★超(笑)不定期更新です。
★皆様のコメントは楽しく拝見させていただいていますが、当分は一括にてのコメントの返信とさせていただきます。
★当ブログの著作権は放棄しておりません。許可なく使用することを禁止します。

■Cattery FIRST-MYU

動物取扱業、CFAキャッテリー登録済み

初心を忘れないために我が家の猫飼いの歴史の最初の子であるミュウの名前をキャテリーネームにしました。 DSC_2822.jpg

ノースランドキャットファンシアー所属

■ミュウ

MIX ♀ ブラック&ホワイト


*script by KT*

2003.07.15生(推定)2003年09.15お迎え。2003.12.24避妊手術。 2005.10.05急性腎不全。2006.02.26椎間板ヘルニア。2008.07.12歯石除去手術。

■ヒメ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2005.08.01生。2005.10.16お迎え。2005.12.16避妊手術。

■ガッシュベル

ノルウェージャンFC ♂ ブルー・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15去勢手術。

■マーシャ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15避妊手術。

■カムイ

ノルウェージャンFC ♂ レッド・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2007.04.18生。2007.07.02お迎え。2007.09.07去勢手術。 2008.07.12歯石除去手術。

■ビョルナ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト

ビョルナ・プラグイン

2001.06.02生。2008.11.03お迎え。2008年避妊手術。 2008.12~腎臓用処方食。2013.01.07旅立ち。

■ギントキ

ノルウェージャンFC ♂ ブルー&ホワイト

2010.2.12 gintoki

2009.2.11 生。2009.6.10お迎え。2009.07.02去勢手術。

■リンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■メールはこちらから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
年末からの出来事
皆様、年賀状をありがとうございます。
年賀状の用意はしたのですが、作成する時間がなくお出しできませんでした。
不義理をお許しくださいませ。

今日は、文章のみの長文になります。
お付き合いください。

12月23日の夜。
ビョルナがうずくまっているのに気づきました。
歩くとふらつきがありました。
あいにく病院は閉院時間を過ぎていました。
24日は休診でした。
家に常備してあった輸液でしのぎました。

25日に病院が開くと同時に診察してもらいました。
すぐに血液検査。
BUN値 200オーバー(正常値12~41)
Cre値 8.1(正常値0.7~2.5)
相談のうえ、輸液をして数値がどのくらい下がるかということで
年末最後の病院の28日にもう1度血液検査をすることにしました。

実は、おととしにビョルナの調子が悪くなった時から家族で相談して、
ビョルナにはビョルナらしく過ごして欲しいということで、
食べなくなった処方食をやめ、みんなと同じフードにしていました。
そして、自然にまかせようということを獣医さんにも伝えてありました。
何よりも輸液もしなくてもよく、ミュウとバトルを繰り広げ、家中を走ったり、
柱をてっぺんまで上る(てっぺんまで行けるのはビョルだけ)ほど元気でした。

診察を受けたあとのビョルナはふらつきが酷くなり、頭も揺れて歩いても倒れる状態でした。
26日には口から血を吐きました。
口内炎も酷くなりました。
それでもトイレに自分で行きたがり、水飲み場にも自分で行きたがりました。
自分の力で歩きたがるビョルナの気持ちを尊重して脇の下に手を入れて
支えて人間ははいつくばりながらトイレ、水飲みの介助をしました。
正直に、もう頑張らなくていいと思いました。
28日に病院に行ったときには、あまりの状態に獣医さんからは血液検査はしません。
余命は2~3日でしょうと言われ、私もそう感じていました。
口内炎の治療のために、抗生物質の注射をしてもらいました。

目を離すことはできずに交代でビョルを見守りつづけました。
娘は抱っこしてお散歩と言いながらビョルの好きだった場所に連れて行ってくれました。

ビョルナは頑張って新年を迎えてくれました。
そして奇跡はおきました。
自分からご飯を食べてくれるようになりました。

6日に病院に行きました。
獣医さんも驚いていました・
今日、明日というヤマは超えました。
ふらつきも首振りももとには戻れないかもしれませんが、
ビョルナの生きようとする力は尊敬に値すると思います。
誰の手も借りないわよ。ビョルのプライド。
体重も2キロ近くも減り、2キロ弱しかなくなった彼女のどこにこんなにも強いパワーが秘められていたのか。

これからは輸液と活性炭(コバルジン)、口内炎が酷くなったら抗生物質を使いながら、
彼女が自然に彼女らしく過ごせるサポートをしていきます。
残り少ない時間だと思いますが、いっぱいビョルナを甘やかしてあげたいと思います。

まとまりのない文章にお付き合いくださりありがとうございました。


スポンサーサイト
にゃんず | 02:13:10 | Trackback(0) | Comments(9)
新年
あけましておめでとうございます。

Image109.jpg
ビョルナ

なかなか更新できていませんが、今年もよろしくお願いいたします。

にゃんず | 04:34:31 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。