■FC2カウンター

■参加ランキング

猫の話題だけではありませんが、よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■プロフィール

ひでのひめ

Author:ひでのひめ
★HNの由来・・・ヒデのヒメ(オットの名の一部+ヒメ)
誤解を招くことも多々ありますが、元ヤンキーではありません(笑)
★超(笑)不定期更新です。
★皆様のコメントは楽しく拝見させていただいていますが、当分は一括にてのコメントの返信とさせていただきます。
★当ブログの著作権は放棄しておりません。許可なく使用することを禁止します。

■Cattery FIRST-MYU

動物取扱業、CFAキャッテリー登録済み

初心を忘れないために我が家の猫飼いの歴史の最初の子であるミュウの名前をキャテリーネームにしました。 DSC_2822.jpg

ノースランドキャットファンシアー所属

■ミュウ

MIX ♀ ブラック&ホワイト


*script by KT*

2003.07.15生(推定)2003年09.15お迎え。2003.12.24避妊手術。 2005.10.05急性腎不全。2006.02.26椎間板ヘルニア。2008.07.12歯石除去手術。

■ヒメ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2005.08.01生。2005.10.16お迎え。2005.12.16避妊手術。

■ガッシュベル

ノルウェージャンFC ♂ ブルー・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15去勢手術。

■マーシャ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト


*script by KT*

2006.08.01生。2006.10.01お迎え。2006.12.15避妊手術。

■カムイ

ノルウェージャンFC ♂ レッド・マッカレルタビー&ホワイト


*script by KT*

2007.04.18生。2007.07.02お迎え。2007.09.07去勢手術。 2008.07.12歯石除去手術。

■ビョルナ

ノルウェージャンFC ♀ ブラウン・クラシックタビー&ホワイト

ビョルナ・プラグイン

2001.06.02生。2008.11.03お迎え。2008年避妊手術。 2008.12~腎臓用処方食。2013.01.07旅立ち。

■ギントキ

ノルウェージャンFC ♂ ブルー&ホワイト

2010.2.12 gintoki

2009.2.11 生。2009.6.10お迎え。2009.07.02去勢手術。

■リンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■メールはこちらから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビョルナ、二七日
ビョルナの旅立ちに、コメントをありがとうございました。
綺麗な供花もいただきました。
きゃろさん、さっちさん、りいさん、ちいちゃんありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

DSC_0102.jpg

DSC_0089.jpg
2013年1月8日、お葬式が無事に終わりました。

2013年1月4日、夜のことでした。
いつも体調が悪くなると寝ている場所にビョルナがいました。
輸液をして、明日には元気になるだろうと思っていました。

5日朝、動けなくなりました。
すぐに病院へ行って血液検査。BUN200オーバー、Cre8.9.
一昨年と同じような数値でした。
違ったのは、自力で歩けなくトイレにも行けない状態。
朝、夜と輸液をしましたが、おしっこですべて出てしまっているようでした。

6日もぐったり寝たきりの状態でした。
2時間おきに体位交換、おもらしをするたびに鳴いて知らせて申し訳なさそうな顔をしていました。

7日、日付が変わってすぐ位に突然キョロキョロして周りを見回していました。
どこにそんな力が残っていたのか、階段のほうへ歩きはじめましたが途中で力尽きて倒れこんでしまいました。
しばらく抱っこしてお部屋をお散歩。
きっとビョルナは2階へ行って寝てしまったお父さんを探して傍に行こうとしたんだと思います。
明け方、痙攣がはじまりました。
お父さんを早めに起こして仕事に行く前にしばらく抱っこしてもらいました。
お父さんが仕事始めだったために、ビョルナに「行ってくるよ」と言うと、大きな声で5回ほど鳴きました。
「行かないで」きっとそう言っていたのでしょう。
その後も頻繁に痙攣が続き、お昼頃には、病院へ連れて行って楽にしてあげたいと思うくらいでした。
浅い呼吸が続いていましたが、メールが来たので「お父さん、もうすぐ帰ってくるよ」というと深く息を吸いました。
午後8時35分にお父さんが帰ってきました。
ビョルナの傍に行って、撫でながら「ビョルナ、もういいよ」と声をかけると深い呼吸が始まりました。
午後8時40分、ビョルナは、大好きだったお父さんに見守られながら息をひきとりました。
11歳と7か月でした。

ビョルナのお父さんを思う気持ちが生きる力になっていたんだと思います。
最後まで待っていたのかと切ない気持ちでいっぱいです。
いつも一緒に寝ていたビョルナを思い出します。

DSC_0144.jpg

8日、夕方、移動火葬車にて家の前で荼毘にふしました。
お父さんは、仕事で立ち会いませんでした。(立ち会うことが辛すぎるようでした)
娘の友達が一緒に見送ってくれました。
骨あげは、家の中でおこないました。
小さかったビョルナが、ますます小さくなってしまいました。

思い出は、次回に・・・。


にゃんず | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
涙が溢れまくります。
ビョルナ殿。本当に、お父様が大好きだったのですね。
頑張って、頑張って、最後は愛する人に見守もられながら
旅出たれたのですね。

読みながら、我が家のラマン嬢も、パパが大好きで、大好きで
最後は、私ではなく、パパの腕の中で旅立ったのを思い出しました・・・
2013-01-20 日 10:50:10 | URL | sauninko [編集]
v-22saruninkoさんへ

いつもコメントありがとうございます。
ラマン嬢とのお別れを思い出させてしまってごめんなさい。
常々、縁があって猫が選んで家にきてくれていると思っています。
ビョーちゃんは、私を選んで来てくれたと思っていましたが、違ったようです。
ビョーちゃんにこんなに思われていた旦那にジェラシーすら感じます。
2013-01-23 水 18:12:21 | URL | ひでのひめ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。